--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑似言語無理

2010年10月16日 19:22


さてさて。
いよいよ基本情報技術者試験の試験日が明日に迫ってまいりましたので
今日は家に引きこもって過去問を解いておりました。


午前試験の方は、一応合格ラインを越えているので
午後試験の対策をしてました。

昨日やった問題では、後2問で合格ってところだったんだけど、
今日やったヤツは疑似言語の問題が意味不すぎて問8が全問不正解という・・・(´・ω・`)

たとえ疑似言語を捨てるという戦法で行ったとしても、
他の選択問題もそこまで正答率が高いという訳でもないので
わざと落とす、
みたいなことはできそうにないです(´へ`)


問13の表計算もまだそんなに問題数をこなしてないからか
全問正解にはならないんですよね。
あれ確実に全商1級の表計算よりメンドクサイです。
文章量的に。
そして使う関数が若干違うのよね。
それでまた問題によって使う関数の説明があったりなかったり・・・。

説明してあったら国語的に文章を読み解いて解けるような感じなんだけども、
それが無いときが辛い。



・・・。



要は問題次第ってやつかもしれない。

明日の試験でどんな風な問題が出題されるかですね(´・ω・`)



ハァ・・・受かりたい・・・



コメント

  1. 聡美 | URL | -

    疑似言語っていう言葉を聞いただけでも
    私はちんぷんかんぷんです\(^0^)/←

    後2問かあ、悔しいですね;
    本番は疑似言語が難しくないといいのですが…(笑)

  2. tak | URL | -

    >>聡美さん

    俺の場合は疑似言語って言葉を知ってるだけで
    どういうものなんだってのは全然理解してないも同然も状態です(´・ω・`)

    本番・・・
    難しかった・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aimamabokukimi.blog117.fc2.com/tb.php/303-f5326602
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。